beet's soil

競プロのことなど

Japan Alumni Group Summer Camp 2019 Day 1

✌️オンサイト優勝✌️

立ち回り

A を読む 丁寧にやる
つぶあんくんがBをやる
つぶあんくんがCをやる WAが生える
その間にJKを読む どっちもライブラリ貼って終わりなので写経してもらう
JのFAを取る KのオンサイトFAを取る

Cは普通に嘘解法だったので書き直してもらうことにする
JKをやっている間にGを詰めておいてもらった

Dはlinear_congruenceやるだけ(考察が抜けてた)、
Eはlogとってbellman-fordすればできそうだけど精度と計算量がヤバい、
Fはやばい幾何か?
Hはやればできますがやりたくはない(※logが無限個つくのに気づいていない)
IはなんかAGCに似たようなのがあった( E - Mr.Aoki Incubator

Cに続いてGを実装してもらう
なんかトイレ行ったタイミングでEのハッシュ解を思いつく
Kで写経したModintがあったので実装が無 PCを奪い取ってEを通す

しばらくしてGも通る

Dのライブラリを写経してもらう あとgeneratorと愚直解を書いてもらう
間が無限に余ってたので考察は詰まっていて実装はわりとすんなり終わる
(サンプルが合わなくて変数名swap試したのはないしょ)
愚直解と突き合わせると全て一致するが、適当に作ったので全部-1が出てた
めんどくさくなってしまったので投げると通る

この辺でIの考察(???「やればできるでしょ」)がつぶあんくんによってなされている

残っているのがFHIで、どれもやばそう

Fが2h未満でFAが出ているので凸性を信じたくなる
つぶあんくんに書いてもらう 無限にバグる
サンプル1の0.70711に対して0.707106みたいなのが出て誤差やべえって言ってたら四捨五入されてるだけだった
多点スタート山登りを投げると通ってウケる

HI通して全完したいねとなる 冷静になると計算量がやばくてI書いてる間に詰めておいてと頼む

IはFの裏で考察を詰めてあって、CHTを写経してもらったあと適当にサンプルを合わせて投げる
定数倍がやばかったので二分探索の回数を許容精度ギリギリらへんにしたら1.86秒で一発ACして笑顔になった

H頑張って実装したんですが216行のコードをコンパイルしてサンプルを試したらsegmentation fault 11 〜完〜

反省
  • つぶあんくんがCで嘘を実装した
  • →これはじさんに相談したんか?A以外は実装入る前に相談してほしい
  • つぶあんくんが鉛筆を使って机の上にケシカスが散乱した
  • →ボールペンを使え💢
  • Hを通しきれなかった
  • →これ1時間あってもつらいよ つらいので でも通せないとダメ うく
  • FとIの実装の順番を逆にするべきだったっぽい
  • →解けている問題が複数あるときにもうちょっとマネジメントを丁寧にやる
  • 流石に他に問題が残ってる状況でFに手をつけたの狂ってないか
  • →正当性を示さずにマラソンを始めない(戒め)
  • 時間がなくなってくるとイライラしてきて語気が強くなる
  • →チームメイトにキレてもいいことは何もないので、落ち着く
感想

久しぶりにICPCっぽいセットでかなり満足した
明日も頑張りたい